リフレクソロジー

反射区への刺激は第二の心臓を刺激しているのと同じ

リフレクソロジーでかならず出てくる言葉に「反射区」また「反射ゾーン」というものがあります。反射区はエネルギーラインを通じて臓器や器官とつながっていると考えられています。そして足裏などにあるからだ全体の臓器や器官の反射区を指でくまなく刺激することで、血液やリンパの流れをスムーズなものにしていくことで、人間が本来持っている自然治癒力を取り戻していきます。これがリフレクソロジーの反射区刺激の仕組みです。

 

ご存知の通り、心臓からく送り出された血液は、体全体に行き渡る過程で全身の細胞や組織に酸素や栄養素を運んでいます。それと同時に体内の老廃物を受けとって再び心臓に戻ってきます。「足は第二の心臓」と呼ばれていますが、体の末端にある人間の足は、心臓へ血液を送り返すポンプの役目を果たしている、とても重要な部位でもあるわけです。

 

リフレクソロジーで刺激する反射区の多くが足裏にあるわけですが、リフレクソロジーとは第二の心臓に、刺激というかたちで働きかけることによって、血液の循環を本来の状態に戻すためのものだと言っても良いでしょう。反射区はまさに体の働き正常化させるためのエネルギースポットになるわけです。

 

そしてこの反射区と呼応する臓器などが、正常に機能していない場合や疲れているといった状態にあると、反射区を刺激した場合に痛みを感じます。ただし臓器の機能に問題があっても、反射区を刺激して痛みを感じない場合もあります。この状態というのは、不調が慢性化していて、クリスタルデジポットという固まりが反射区にでき、刺激を与えても痛みを感じない状態になっていることもあります。専門のセラピストが触ると、クリスタルデジポットの存在を見分けることができるわけですが、これがある場合は、根気よくほぐしてしこりを解消していきます。

 

体調がすぐれないときなど、反射区のことなどが分からなくても、無作為に足裏を踏んでもらったらすっきりとすることがありますが、これは知らない間に反射区を刺激して、血液の循環を良くしていたことになるわけです。

腰痛のツボ

腰痛も慢性的に痛んでいる方が多い箇所です。腰痛に悩んでいる方は、長時間デスクワークを強いられる職種の方に多いのですが、クルマを移動手段としている営業マンにも腰痛で悩んでいる方は沢山います。リフレクソロジーで腰痛を緩和させる場合は湧泉というツボと、かかとにある坐骨というツボを刺激すると効果的です

 

また、腰痛の原因が内蔵の働きに原因がある場合は、湧泉のすぐ下にある腎臓のツボを刺激することで緩和の方向に向います。

 

湧泉は万能なツボとも言われている反射区ですが、はじめはちょっと見つけづらいかも知れません。場所的には土踏まずの少し上あたりにあって、足の指を曲げるとへこむところが湧泉となります。湧泉を刺激する場合は、親指を使って比較的強く押して刺激します。

 

坐骨は右腰が痛いときは右足、左腰が痛いときは左足というように、痛い方の足裏のかかとを重点的に刺激します。また両足の坐骨を揉むと腰痛予防に効果があります。

 

なお腎臓のツボを刺激する場合は、湧泉同様やや強めに押しこんで刺激します。湧泉も腎臓のツボも、元気を取り戻したい場合にも効果的なので、覚えておくと良いでしょう。

西洋式リフレクソロジー

リフレクソロジーはイギリス式などとも呼ばれる西洋式と、反射区を強く刺激することで有名な台湾式リフレクソロジーに大きく分けることができますが、よりリラック効果を高めていきたい場合、おすすめできるのは西洋式のリフレクソロジーです。

 

なお台湾式のリフレクソロジーにリラックス効果はないのかと言うと、決してそうではありません。施術中の刺激が強く、痛みを強く感じるのは台湾式の特徴ですから、リラックスとは無縁なものというイメージもありますが、施術によって疲労分子が取り除かれた後は、何とも言えないリラックス感を味わえます。ただし台湾式は、西洋式のリフレクソロジーのように、施術自体にもリラックス・ヒーリング効果があるというわけではありません。そして西洋式のリフレクソロジーは、施術そのものにもヒーリング効果があるという点が大きな特徴となっているのですね。

 

 

西洋式のリフレクソロジーは、体だけではなく心も浄化させることを施術目的としています。サロンの内装やインテリアにも演出面で配慮されているのは、リフレクソロジーの施術方針の表れでもあるのです。リフレクソロジーの施術を行う人のことをリフレクソロジストと言いますが、施術中はリフレクソロジストが手でじかに足に触れて優しくマッサージをしてくれますので、このマッサージを受けただけでも、心身の疲れが浄化されていくような良い気分に浸れます。

 

リフレクソロジーは、特に体で調子の悪いところがなくても、ただ仕事の疲れを癒すためだけに利用しても構わないのです。都市部では駅ビルなどにもリフレクソロジーサロンがありますので、仕事帰りにサロンで疲れを癒してから帰宅するというのもリフレクソロジーの使い方のひとつです。

リンパの流れ

血液とともにリンパ液は私たちの体にとってとても大事なものですが、リフレクソロジーにはリンパ液の流れをスムーズにする作用があります。

 

リンパ液というのは、成分的に言うと血液から赤血球を差し引いたものですから、ほとんど血液と同じものだと考えていただいても良いでしょう。ではリンパ液とはどのような役割を果たしているかと言いますと、体内で不要になった老廃物や疲労物質を回収しています。血液にも老廃物を運び出す働きがありますが、血液が回収できなかった老廃物をリンパ液が回収しているというイメージです。リンパには、大きく分けて老廃物を排泄する機能と、免疫力を機能」の2つの役割があります。リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積されてしまいます。このような状態に陥ると、免疫機能が低下して栄養素の取り込みも不完全となります。その結果、むくみやたるみといった代表的な症状があらわれるほか、体の調子も何となく思わしくないといったことを感じるようになります。

 

病気にかかっていなくても、疲れやストレスが蓄積されてくると、リンパ液の流れが悪くなってきます。お酒をあまり沢山飲んでいないのに、いつもより抜けが悪いというときも、リンパの流れがいつもより良くない可能性があります。

 

こうした時にリフレクソロジーで反射区を刺激すると、体の調子が急に良くなり、むくみなども引いていきます。反射区を刺激したことでリンパ液の流れが戻ってきて、体に溜まった老廃物や疲労物質が体から排泄されるので、結果的に自然治癒力も高まっていきます。

 

また慢性的にリンパ液の循環が停滞している方がリフレクソロジー施術を受けると、体全体のむくみがとれて、体型がすっきりしてくる場合があります。こうしたことからリフレクソロジーにはダイエットや美容効果があるとも言われることがありますが、リンパ液の流れが改善されると代謝も上がりますので、間接的な美容効果を自覚しているということなのです。