リフレクソロジー

リフレクソロジーとは何?

リフレクソロジーは、足の裏などを押すことで、体の特定部位に変化が起こる現象を活用した足裏健康法です。つまりリフレクソロジーの施術は医療行為ではなく代替医療のひとつと言えるものです。それでもリフレクソロジーの施術効果は、実際多岐にわたり、疲れを取り除いたりさまざまな病状を改善する効果もみられます。特にリフレクソロジーは、疲労改善やリラックス効果が高いので、西洋式リフレクソロジーサロンはヒーリングサロンとして活用される方も多く、幅広い層から人気を集めています。 リフレクソロジーでは、反射区というツボのような部位を押したリ刺激したりすることで、さまざまな効果を得ています。たとえば胃の反射区を刺激することで、胃が正常にはたらくようになりますし、お腹が痛い場合は、腸などそれに呼応する反射区を刺激することで、痛みが緩和されるようになります。このようにリフレクソロジーでは、体の各部位に対応する反射区をエネルギーの反射されている部分と捉え、反射区を刺激することでエネルギーの滞りをスムーズに流し、痛みを和らげたり体を健康にしていく反射療法なのです。 リフレクソロジーの反射区は足や手の平に多く存在しますが、それ以外に耳や中手骨、顔、目にも反射区は存在します。ただしリフレクソロジーの反射区としては、足がもっとも広くまた反応も良いことから、刺激する場所としては足の裏がいちばん多いのです。指圧でもツボは足の裏に沢山存在しますが。リフレクソロジーの反射区は、指圧のツボとはまた別なものとなります。いわゆるツボはそれぞれのポイントが点在しているわけですが、リフレクソロジーの反射区は、イメージとしては面で広がっているといった捉え方をしています。 リフレクソロジーをこれから受けてみようかという場合は、この違いを知っておくと良いと思います。