リフレクソロジー

施術後に眠くなるのはごく自然なこと

反射区を強く刺激する台湾式リフレクソロジーでは、施術中に眠くなるということはありませんが、イギリス式のリフレクソロジーではソフトタッチなマッサージが心地良い眠気を誘います。また台湾式のリフレクソロジーでも施術後リラックス効果が高まりぐんと眠くなることがあります。リフレクソロジーのリラックス効果は確かに眠くさせる効果があるので施術後はなるべくリラックスした状態が持続しているうちに眠りにつけるようであれば最高です。ただし施術中は完全に眠ってしまわない様にしたほうが良いでしょう。ちょうど眠りにつく寸前のような、もう少しで眠ってしまいそうな感じでとどめておき、その日はなるべく良い気持ちのまま眠ってしまうことです。 眠りとは最大のリラックスタイムでもあり、故障した体を修復させるのも眠りのなかで行われます。つまり私たちの自然治癒力がもっとも発揮されている時間帯が眠りの時間であるわけです。 眠りは緊張をほぐすことで起こってくるものですから、緊張をほぐすことを目的としているリフレクソロジーのあとで眠くなることはごく自然なことです。リフレクソロジーを受けたあと、すぐ眠りにつくことは出来ないとしても、そこから遊びに行ったりせずに、その日は早目に帰路につき、家路を急ぐべきかも知れません。