リフレクソロジー

むくみやこわばりが消えるということ

ハードな仕事が続いた時は、私たちの足裏は弾力性がなく硬く強ばってしまっているものです。疲れが溜まっていると実感しているときに、一度じっくり足裏を触ってみるとこのことが分かると思います。そして誰かに足裏を踏んでもらってください。ところどころ強い痛みを感じる部分があると思います。 たとえばパソコンに一日中向きあっているというような仕事の方だと、肩こりが慢性化しているかと思いますので、小指の付け根あたりの、少し膨らんでいる部位を踏んでもらうと、激痛を感じるかと思います。痛いのを少し我慢して踏んでもらってみると、はじめに手で触れた時より、少しこわばりがほぐれていることがあります。そして何となくパンパンに腫れていたように感じていた足が軽くすっきりしているかも知れません。 反射区のことなど分からない素人に足裏を踏んでもらっただけでもすっきりするのですから、反射区について熟知している専門家が適切に施術した場合は、むくみやこわばりがなくなり、足裏も柔らかくなって第二の心臓として心臓として足裏が機能しはじめます。むくみやこわばりが当たり前になってくると、正常な柔らかい足の状態を忘れてしまうこともありますが、こわばりやむくみがとれた足の状態を取り戻すと、むくんでいた状態がいかに異常な状態にあったのかに気づくはずです。 こわばりやむくみがなくなるというのは、足裏だけの話ではありません、足裏が第二の心臓として正常に機能するようになると体全体のむくみやこわばりまでがなくなっていきます。私たちはこうしたむくみやこわばりがなくなるだけで、健康になれたような気がしてくるものですが、これは各臓器が活発に動きはじめ、血流も正常に戻っている証拠です。体に不要な水分や老廃物は体から排泄されていきますので、体が本来そうである軽さを取り戻すようになります。リフレクソロジーでこの至極の快感をぜひ知っていただきたいと思います。