リフレクソロジー

サロンな身近な健康チェック機関

リフレクソロジーサロンには、足裏マッサージを中心に施術しているサロンと、完全個室制で、おもに全身マッサージをメインにしているよりラグジュアリーなサロンに分かれます。どちらを選んでも良いのですが、まずは体験と言うつもりで行くのであれば、駅ビルやショッピングセンターなどのテナントに入っているような、足裏マッサージ中心のサロンのほうが緊張しなくて良いかも知れません。 リフレクソロジーサロンに行く場合は、施術後のことを考えると、締め付けの少ない服を選んだほうが良いですが、行きたいと思った時に気軽に立ち寄れることがリフレクソロジーサロンの良いところですから、服のことはあまり気にせず、その時に気分を優先して利用してみてください。受けてみたいと思っているときは、疲れが溜まっていたり、無意識に体の不調に感じ取っていることが多いものです。サロンにはもちろん、施術を受ける上で必要なものは全て揃っていますので、安心して中に入ってみてください。 リフレクソロジーの施術前には、ヒアリングを通して現在の体調などを確認していきます。このカウンセリングで得た情報をもとにリフレクソロジストは施術を進めていくことになります。また施術前にフットバスに入り足を温めてから、足にパウダーを塗ります。 施術においては、リフレクソロジストは指で足裏を探りながら、どの臓器や器官に不調となる原因があるかを探っていきますが、これが実際によくあたるのではじめはびっくりするかも知れません。自覚していることもあるでしょうが、自分で気づいていない部分もありますので、施術を通して一種の健康診断を受けているような気分にもなってくるでしょう。実際リフレクソロジーは、健康診断のようなものでもあります。 健康診断は診断結果を文字情報で読むことになるわけですが、リフレクソロジーの場合は、直接口頭で説明してくれますので、健康診断以上に自分の健康状態を把握しやすいのではないかと思います。また施術を通して体の状態が変わってくるのを実感できますので、健康状態に関して、自然に興味が深まっていきます。信頼できるサロンを見つけることが出来れば、リフレクソロジーサロンは身近な健康チェック機関としても活用できることでしょう。