リフレクソロジー

眼精疲労や首のこりをほぐしたい

パソコンを使った仕事をする方は、むかしに比べて大変増えていますので、常に目が疲れたままという方も多いと思います。眼精疲労をそのまま引きずってしまうと、頭痛や肩こりを引き起こすこともありますし、仕事の効率を低下させてしまうので、早目に対処しておきたいものです。 セルフリフレクソロジーで、目の疲れを取り除くのであれば、呼応する反射区は、人差し指と中指の付け根の部分にありますので、このあたりを刺激してみると良いでしょう。この反射区は、目とは左右逆になりますので、右目が悪ければ左足を、左目ならば右足を揉んでみてください。 またパソコンで目を酷使している方は、ずっと同じ体勢でディスプレイから目を離さないでいることから、首などもこっている方が多いと思います。セルフリフレクソロジーで血行を良くしてあげると、首のこりを短時間で解消することも可能です。 首のこりに効果のある反射区は、親指の付け根の部分にありますので、ここを刺激してみます。また人差し指の下から小指の下にかけては、首から肩によく効くつぼが連続していますので、この部分も全体的に揉んでみてください。また脳内の血行を促進することも、首のこりをほぐすことにつながります。頭に関する反射区は、親指にありますので、親指全体をしっかり揉んだり押したりしてみることも併せてやってみてください。