リフレクソロジー

風邪をひいた場合の対処法

風邪をひいた場合も、リフレクソロジーで自然治癒力を高めていくことで症状が緩和されていきます。ただし風邪という反射区はありませんので、自宅でツボを刺激する場合は、抵抗力を高める効果のある腎臓のツボまず押さえた上で、気管支・肺など、症状に応じた反射区を刺激していきます。 腎臓のツボは足裏のちょうど中央に位置しますが、意外に分かりにくいかも知れません。腎臓のツボの上部には湧泉というツボがあり、足指を曲げるとへこむところが湧泉となります。分かりにくい場合は湧泉を見定めてから、その真下を刺激すると良いでしょう。ここを押す場合は、少ししごくぐらいの感じで強く押して構いません。 咳がひどい場合や、のどが痛む場合は、気管支のつぼを刺激しますが、このツボは親指と人差し指との指間に位置します。かかと側に力を入れて押すように揉むと、のどの痛みや咳の症状が緩和されますので試してみてください。 風邪の場合のリフレクソロジーはひきはじめに行うのが効果的です。風邪をこじらせて体力がかなり落ちている場合は、薬などの対処療法が必要です。症状が重い場合は、リフレクソロジーだけで治そうという無理はしないように注意してください。