リフレクソロジー

リフレクソロジースクールと直営サロンの関係

リフレクソロジーを施術する人のことをリフレクソロジストやセラピストと言いますが、これらの職種を目指してスクールに通う方も年々増えています。リフレクソロジースクールの多くはサロンと直結していることが多く、直営サロンがあるリフレクソロジースクールでは、そのサロンで行われている施術方法をベースにした教育が行われています。そのため、リフレクソロジースクールを選ぶ場合は、将来就職したいと考えているサロン(会社)を選ぶような視点でスクールを選ぶ必要があります。 また、そのスクールを卒業して直営サロンで働くことになっても、先々店を変えるとなった場合は、新しいサロンの施術方法を習得し直す必要があります。もちろんリフレクソロジーの基本的な部分は変わりませんが、サロンによって細かい違いはありますので、研修などを受けて新しいサロンのやり方を身につけることになります。 リフレクソロジーの場合、リフレクソロジーの協会ごとにマッサージの仕方が異なるために、こうしたことがあるわけですが、スクールで資格を取得しないでサロンに就職し、そこで研修制度を利用して、サロンの施術資格を取得するということが可能な場合もあります。こうした方向性も考えてみたい方は、未経験者を募集しているサロンを探して、研修面でバックアップが得られるかどうか確認してみると良いでしょう。 なお、リフレクソロジーで取得できる資格は民間資格ですから、国家資格を取得したい場合は、あん摩マッサージ指圧師免許を取得してから、リフレクソロジーの民間資格をとってみるということもひとつの方法です。あん摩マッサージ指圧師免許を取得しておけば、医療現場でリフレクソロジストが求められた場合でも、間違いなく通りは良くなるはずですし。つぶしが効きやすくなるという面もあるでしょう。