リフレクソロジー

反射区への刺激は第二の心臓を刺激しているのと同じ

リフレクソロジーでかならず出てくる言葉に「反射区」また「反射ゾーン」というものがあります。反射区はエネルギーラインを通じて臓器や器官とつながっていると考えられています。そして足裏などにあるからだ全体の臓器や器官の反射区を指でくまなく刺激することで、血液やリンパの流れをスムーズなものにしていくことで、人間が本来持っている自然治癒力を取り戻していきます。これがリフレクソロジーの反射区刺激の仕組みです。 ご存知の通り、心臓からく送り出された血液は、体全体に行き渡る過程で全身の細胞や組織に酸素や栄養素を運んでいます。それと同時に体内の老廃物を受けとって再び心臓に戻ってきます。「足は第二の心臓」と呼ばれていますが、体の末端にある人間の足は、心臓へ血液を送り返すポンプの役目を果たしている、とても重要な部位でもあるわけです。 リフレクソロジーで刺激する反射区の多くが足裏にあるわけですが、リフレクソロジーとは第二の心臓に、刺激というかたちで働きかけることによって、血液の循環を本来の状態に戻すためのものだと言っても良いでしょう。反射区はまさに体の働き正常化させるためのエネルギースポットになるわけです。 そしてこの反射区と呼応する臓器などが、正常に機能していない場合や疲れているといった状態にあると、反射区を刺激した場合に痛みを感じます。ただし臓器の機能に問題があっても、反射区を刺激して痛みを感じない場合もあります。この状態というのは、不調が慢性化していて、クリスタルデジポットという固まりが反射区にでき、刺激を与えても痛みを感じない状態になっていることもあります。専門のセラピストが触ると、クリスタルデジポットの存在を見分けることができるわけですが、これがある場合は、根気よくほぐしてしこりを解消していきます。 体調がすぐれないときなど、反射区のことなどが分からなくても、無作為に足裏を踏んでもらったらすっきりとすることがありますが、これは知らない間に反射区を刺激して、血液の循環を良くしていたことになるわけです。