リフレクソロジー

リフレクソロジーでリンパの流れも良くなる

血液とともにリンパ液は私たちの体にとってとても大事なものですが、リフレクソロジーにはリンパ液の流れをスムーズにする作用があります。 リンパ液というのは、成分的に言うと血液から赤血球を差し引いたものですから、ほとんど血液と同じものだと考えていただいても良いでしょう。ではリンパ液とはどのような役割を果たしているかと言いますと、体内で不要になった老廃物や疲労物質を回収しています。血液にも老廃物を運び出す働きがありますが、血液が回収できなかった老廃物をリンパ液が回収しているというイメージです。リンパには、大きく分けて老廃物を排泄する機能と、免疫力を機能」の2つの役割があります。リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積されてしまいます。このような状態に陥ると、免疫機能が低下して栄養素の取り込みも不完全となります。その結果、むくみやたるみといった代表的な症状があらわれるほか、体の調子も何となく思わしくないといったことを感じるようになります。 病気にかかっていなくても、疲れやストレスが蓄積されてくると、リンパ液の流れが悪くなってきます。お酒をあまり沢山飲んでいないのに、いつもより抜けが悪いというときも、リンパの流れがいつもより良くない可能性があります。 こうした時にリフレクソロジーで反射区を刺激すると、体の調子が急に良くなり、むくみなども引いていきます。反射区を刺激したことでリンパ液の流れが戻ってきて、体に溜まった老廃物や疲労物質が体から排泄されるので、結果的に自然治癒力も高まっていきます。 また慢性的にリンパ液の循環が停滞している方がリフレクソロジー施術を受けると、体全体のむくみがとれて、体型がすっきりしてくる場合があります。こうしたことからリフレクソロジーにはダイエットや美容効果があるとも言われることがありますが、リンパ液の流れが改善されると代謝も上がりますので、間接的な美容効果を自覚しているということなのです。