リフレクソロジー

リフレクソロジーの効果が見られない人

リフレクソロジーは足裏という第二の心臓を刺激することで、血流やリンパ液の流れを良くしてくるという基礎作用があるわけですが、どんな方にも等しく施術効果を実感出来るのかというと、そうではないようです。もちろんどんな健康法でも、効果の表れ方には個人差があることはあります。ただしリフレクソロジーの場合は、施術効果が表れにくい典型的な職種があるのです。それはとび職の方です。 とび職の方がみなさんそうだとは言えませんが、ほとんどの方は、靴を履かずに地下足袋を履きます。そして足裏と足指を日常的に酷使しており、足裏の皮膚も厚くなっています。東洋式のリフレクソロジーではかなり力をかけて反射区を刺激し、指の関節や棒を使って刺激する場合もありあす。ですから足裏の皮膚が厚い方でも、リフレクソロジーの施術効果が期待できるわけですが、西洋式のリフレクソロジーは同じ反射区を刺激するにしても、タッチがソフトであることから反射区の刺激が伝わりにくのです。 足裏の皮膚の厚くなりやすいのはとび職の方以外でも、たとえば柔道をしている方などは足裏の皮膚が厚くなっていることから、やはりソフトタッチな西洋式のリフレクソロジーが効きにくいと思います。仕事上の特性や生活習慣によって、足裏の皮膚が分厚いという方は台湾式などに東洋系のリフレクソロジーを選んでみてはいかがでしょうか。 ここで西洋系のリフレクソロジーとか東洋式のリフレクソロジーといった言葉がでてきましたが、リフレクソロジーを大きく二つに分類すると、西洋式と東洋式とに分けることができます。西洋式というのは、イギリスで普及してヨーロッパを中心に広がっていったリフレクソロジーで、日本ではアロマリフレクソロジー、イギリス式リフレクソロジーなどと呼ばれることもあります。いっぽう東洋式のリフレクソロジーは、日本だと台湾式リフレクソロジーのことを主に指しています。両者の違いを決定づけているのは、反射区の刺激の強さで、台湾式リフレクソロジーは足裏を非常に強く刺激します(バラエティ番組の罰ゲームでおなじみかも知れませんね)。イギリス式やアロマリフレクソロジーというのは台湾式とはうって変わって、とにかくソフトタッチで、眠ってしまうほど気持ちの良いリフレクソロジーです。 どちらにも、それぞれの良さがありますし、足裏の状態によっても合う合わないがあります。リフレクソロジーを試してみようという方は、自分がどっちのリフレクソロジーを用いるのが良いかご自身の嗜好も含めて検討してみると良いでしょう。