リフレクソロジー

リフレクソロジーの効果と即効性

リフレクソロジーは主に足裏の反射区を刺激することで、臓器が活発に動き出す、血液やリンパの流れが良くなる、神経の通りが良くなる、老廃物が排泄される…といった効果が表れます。これらのことを、非常に簡単な言葉で言い換えるとすれば、「人間の体が元気になる」ということだと言えるでしょう。元気な体は高い自然治癒力を発揮してくれますので、リフレクソロジーでは、私たちの体をこの状態に持っていくことで、体の不調や故障を治していく施術というわけです。 自然治癒力を取り戻しながら、体の不調や故障を改善させていくリフレクソロジーは、決して即効性が高い健康法だとは言えません。ただし、薬などの治療とは違い、悪いところが一度に全て効いてくるという面があります。たとえば普通の医療治療でしたら、たとえば「生理痛」と「立ちくらみ」は別々に治すことになるでしょうし、出される薬も「生理痛」の「立ちくらみ」とで、両方別々に分かれるはずです。ところがリフレクソロジーの場合は、一度の施術で「生理痛」と「立ちくらみ」が治るということが起きてきます。さらに便秘や足の冷え、倦怠感などがあったとしたら、それら全部の症状を改善してくれる場合があります。 薬治療のような即効性はないにしても、他の悪いところにも全て効いてくるというありがたさがリフレクソロジーにはあるということです。 またリフレクソロジーには即効性がそれほどないとは言え、効果が見られるまで何ヶ月も掛かるというわけではありません。肩こりや生理痛といったものであれば、わずか2回程度の施術でも効果を実感出来るようになります。台湾式のリフレクソロジーでは、初回の施術後で、おしっこが茶色になって出ることもあります(つまり老廃物が排泄されたといこと)。疲労を取り除くといったことでリフレクソロジーを利用した場合も、施術後眠くなり、一晩寝たらすっきり疲れが抜けていると実感できることでしょう。つまり、症状の種類によってはすぐに効果を実感できることもあるということです。